2017年04月11日

ご家族の方へ

こんにちはハムちゃんです。

妻と同病の方とLINEでお話しをしていてひどいなぁと思うことを聞きました。

それはご家族の方が側で苦しむ患者さんを見ているにも関わらず、それほどの大病じゃないと思っているのかどうか分かりませんが、患者さんに対しての扱いが私にはなんとも言い難いことでした。

・治療費がもったいない

・買いたい物があるから治療費は出せない

・助けを求めても笑ってテレビ鑑賞

・めんどくさい、と実家に帰る(その後離婚)

・頼み事をしたくても聞いてもらえない、外出したら夜遅く帰宅。

・痛みに堪えながら家事をしても、ニート呼ばわり。

・お前が生きてるだけで〇〇〇万!と罵声。

等々聞きましたが、これってある意味虐待ですよね?

家族は患者さんのサポートをする立場なのに何故こういうことが言えるのか、また出きるのか?


【私の場合】

しかし、よく思い出してみると私も最初の頃は妻の症状に対して不振を抱いていました。

そらそうですよね、大学病院の医師が検査の結果、異常はありませんね。

私はそれを信じていました。

しかし妻が嘘をつくような人間ではないことも信じていました。

嘘で痛い!って言いますか?

嘘でしんどいって言いますか?

嘘で寝たきりになりますか?

嘘で辛い検査や治療をしますか?

日に日に増していく痛みに堪えながら家事やパートで疲れてる妻の顔には嘘はありません。

きっと何かある、どこかが悪いはずと思うようになりました。

しかしどこの病院に行っても答えは「異常なし」

長いドクターショッピングの末にやっと見つかったのが脳脊髄液減少症。

そして妻の自殺未遂

私の人生は妻の物

妻の人生は私の物

そして休職、退職、廃車。

憎んでます脳脊髄液減少症を

「病は気から」と言いますが、なまじっか嘘ではないと思います。

身体の回復に『気持ち』はとても大切!!

精神状態で、回復の状態は本当に違うのです。

患者さんの回復には、やはり家族の存在って不可欠だと私は思います。

私もそうですが家族にもいろいろと抱えている物があります。

しかし大切な自分のパートナーであり、ご家族は唯一無二の存在です。

家族の方も今までに病気やケガで辛い症状に悩まされてきませんでしたか?

楽しかった頃もあったでしょう?

それを思い出して是非、力になってあげてください。
posted by ハムハム at 16:31| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

ご無沙汰してました。

こんにちはハムちゃんです。

冬休みから春休みを経由して4月になってしまいました。

テヘヘヘペロ(^o^)v

別にこれと言った事情はございません。

先日、息子が

「おとんポストにこんなん入ってたで」

20170404085511409.jpg

なんやこれ?

郵便局から?

ハムハム様宛ってどう言うこっちゃ?

誰やろ?

配達員も笑ったやろな、宛名がハムハムって

私もしばらく笑ったわ。

ハンドルネームで私の住所を知ってるのは四人ほどやけど、ハムハムで出す人は・・・・・

一人かなり天然の人がいてるけど、まさか・・・そんなはずはないやろ?

と、思いながらその方に連絡してみたら

「違うよ〜 いくら私が天然って言ってもそんなことしないよ〜

面白いね〜

明日が楽しみだね!

みんに言ってもいい?」


「ああ、いいで」


取り合えず郵便局へ連絡して私で間違い無いことを伝えたら明日に届けてくれることになったけど、誰やろ?


その日の夜は気になってなかなか寝付かれへからツムツム頑張ったわ。

そして次の日

午前中 外出先から帰ったらまだ届いてなくて午後に買い物に出掛ける時にポストの中を覗いたら

届いてたがな〜〜

郵便物を手に取り宛名を見てみると

???!

なにこれ?

20170404093835056.jpg

Googleアドセンスから?

確かに私の住所

名前はハムハム

何の用事やろ?

アカウントに関する重要なお知らせ?

いったいなに?

開けて内容を読んでみると、アカウントへのお支払を有効化する手続きをしてください。


とのことで設定の手順とお客様のPINコードが記載されてました。

そこで思い出しました。

私がこのseesaaブログに登録する際に広告を貼り付けるのにGoogleアドセンスに承認を受けないとダメなので登録するときに、いつものようにハムハムとハンドルネームを記載したからこんな面白いことになってしまったんや。

私が天然かい!

もう大丈夫

本名を書きプロフィールを変更しアカウントの設定も済みこれでハッピーエンド

ほな!

posted by ハムハム at 10:39| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

新幹線の多目的室ってなに?

20170110092818516.jpg
こんにちは、ハムちゃんです。

新幹線には多目的室と呼ばれる個室が必ず1つ設置されているのをご存じですか。

体の不自由な方や体調の悪い方が優先的に利用できます。

健常者の方でも空いている場合は授乳や着替え、気分が悪く横になりたい場合などでも利用することができます。

普段は施錠がされていますから、利用する際は車掌さんに伝えるといいです。

【予約する方法】

多目的室は原則として予約できませんが、東海道・山陽・九州新幹線では、一部の方は電話で予約できます。

前日でも可能なケースがありますが、介助の係員手配や降車駅への手配などJR側でも準備が必要なので2日前までの予約をお願いします。

20170110092918273.jpg

多目的室が予約できるのは体の不自由な方に限られています。

細かな定義はありませんが、予約する電話窓口が「介助受付」になるので介助が必要な方と類推できます。

誰でも予約できるわけではありませんので気をつけてください。

電話での連絡時に、多目的室を利用したいことを伝えるとともに、基本的な情報を伝えます。

・乗車日時、区間
・人数(おとな、こども、幼児)
・車椅子の場合は電動式や手動式、サイズ

※ハンドル形電動車いす利用の場合には利用条件がありますのでご確認下さい。

空席や係員の空き状況など確認後に折り返しの連絡があります。

予約ができたら切符の受取日を決め、窓口で名前と乗車時間を伝えれば受け取ることができます。


※インターネットによる予約はできません。


【多目的室利用の料金】

無料で利用できます。

自由席、指定席、グリーン車にも関係なく追加料金なく利用できます。

障害者手帳(1種もしくは2種)をお持ちの場合は、新幹線自体の割引制度がありますのでご活用下さい。

特急券は割引がされませんが、乗車券が半額になり、1種の場合は付き添い者も割引が可能。

予約する際に、障害者手帳等の証明書を窓口で提示しなければなりませんのでお忘れのないように。

証明書がないと予約できません。

Good luck
posted by ハムハム at 09:34| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする