2017年01月10日

新幹線の多目的室ってなに?

20170110092818516.jpg
こんにちは、ハムちゃんです。

新幹線には多目的室と呼ばれる個室が必ず1つ設置されているのをご存じですか。

体の不自由な方や体調の悪い方が優先的に利用できます。

健常者の方でも空いている場合は授乳や着替え、気分が悪く横になりたい場合などでも利用することができます。

普段は施錠がされていますから、利用する際は車掌さんに伝えるといいです。

【予約する方法】

多目的室は原則として予約できませんが、東海道・山陽・九州新幹線では、一部の方は電話で予約できます。

前日でも可能なケースがありますが、介助の係員手配や降車駅への手配などJR側でも準備が必要なので2日前までの予約をお願いします。

20170110092918273.jpg

多目的室が予約できるのは体の不自由な方に限られています。

細かな定義はありませんが、予約する電話窓口が「介助受付」になるので介助が必要な方と類推できます。

誰でも予約できるわけではありませんので気をつけてください。

電話での連絡時に、多目的室を利用したいことを伝えるとともに、基本的な情報を伝えます。

・乗車日時、区間
・人数(おとな、こども、幼児)
・車椅子の場合は電動式や手動式、サイズ

※ハンドル形電動車いす利用の場合には利用条件がありますのでご確認下さい。

空席や係員の空き状況など確認後に折り返しの連絡があります。

予約ができたら切符の受取日を決め、窓口で名前と乗車時間を伝えれば受け取ることができます。


※インターネットによる予約はできません。


【多目的室利用の料金】

無料で利用できます。

自由席、指定席、グリーン車にも関係なく追加料金なく利用できます。

障害者手帳(1種もしくは2種)をお持ちの場合は、新幹線自体の割引制度がありますのでご活用下さい。

特急券は割引がされませんが、乗車券が半額になり、1種の場合は付き添い者も割引が可能。

予約する際に、障害者手帳等の証明書を窓口で提示しなければなりませんのでお忘れのないように。

証明書がないと予約できません。

Good luck
posted by ハムハム at 09:34| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: